このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

M&Aを考えるときこんなお悩みはありませんか?

  • 買収を打診したい候補先があるが…
    直接連絡をするのは気が引けるので、誰か仲立ちしてほしい

  • ターゲット先へのアプローチに仲介会社を利用したいが、費用が高くて使えない
  • M&A戦略は決まっているが、それに基づく能動的なアクションが起こせていない
  • 自社用のM&Aロングリスト(買収候補先一覧)を作ってみたい
  • ターゲット先へのアプローチに仲介会社を利用したいが、費用が高くて使えない
M&Aについて悩む人

「M&Aリスト作成・提案代行」
サービス内容

M&Aリスト作成・提案代行とは?

貴社のM&A戦略にもとづいて
​戦略上の目的が達成できる企業買収・企業提携の実現に向けた候補先企業へのアプローチを行います。

ロングリスト作成支援
貴社戦略に沿った、企業買収候補先リスト(ロングリスト)の作成をお手伝いします。無料でできる企業情報の検索の仕方もご案内いたします。
※戦略策定のコンサルティングは行いません。
企業へのアプローチ
当社が貴社のターゲット企業にアプローチいたします。ターゲット候補先への貴社名開示の有無、アプローチ内容、方法についてはご相談の上決定いたします。
※ターゲット企業からの返信をお約束するものではありません。
アプローチ結果報告
ターゲット企業にアプローチした結果をご連絡いたします。ターゲット企業と意気投合した場合は、お話を進めていただくことができます。
※マッチング後の支援はいたしません。提携専門家のご紹介は可能です。
アプローチ結果報告
ターゲット企業にアプローチした結果をご連絡いたします。ターゲット企業と意気投合した場合は、お話を進めていただくことができます。
※マッチング後の支援はいたしません。提携専門家のご紹介は可能です。
M&Aリスト作成・提案代行の進め方

M&Aの一連の流れのなかで、「ロングリスト・ショートリストの作成」と、「提案(アプロ―チ)」の工程を当社が代行します。(どちらかのみでも可)

M&A戦略は自社で描いているが、打診を断られたときや案件がブレイクしたときのことを考えると、自社で直接で売り手に打診をするのははばかられる、といった買い手の事業会社様のニーズに応えます。

提案の打診については、バイネーム(貴社名を開示する)やノンネーム(貴社名を開示しない)、打診のニュアンス(買収希望なのか、資本業務提携を希望するのか、等)を選んでいただくことが可能です。

リスト作成と提案(アプローチ)に特化することで、戦略策定からクロージングまでを一貫して行う会社に比べて、リーズナブルにサービス提供することが可能です。
また、クロージングによる成果報酬はいただいておりませんので、成果報酬ありきではない、貴社戦略上の目的達成に向けた最適なアプローチをいたします。

一般的なM&Aの進め方

M&Aにおいて作成する2つのリスト

ロングリスト・ショートリストの作成はM&A打診方針を決める重要なプロセスです。

ロングリストとは

ロングリストとは、M&Aを検討する企業の買収候補先(売り手)、または売却候補先(買い手)のリストです。
一定の基準を設けて候補となる企業をリストアップし、作成します。一般的に、多いときは100社ほど候補を出す場合もあります。

ショートリストとは

ロングリストであがったM&A候補先について、優先順位を決めて絞り込みを行ったものがショートリストです。ロングリストの中から、戦略や意向を踏まえ、分析・検討を行い作成します。
一般的には、15社ほどに絞り、実際に企業へアプローチする際に用います。

ショートリストとは

ロングリストであがったM&A候補先について、優先順位を決めて絞り込みを行ったものがショートリストです。ロングリストの中から、戦略や意向を踏まえ、分析・検討を行い作成します。
一般的には、15社ほどに絞り、実際に企業へアプローチする際に用います。

一般的なM&Aの進め方(買い手側の流れ)

参考情報
Step.1
プレディール
戦略策定/ロングリスト作成/ショートリスト作成

まず、M&Aを検討する前に、自社の経営戦略の策定を行います。

M&A戦略は経営戦略に符号するものになります。M&A戦略策定を行ったあとは、M&Aを検討している買い手候補・売り手候補先を一定の基準でリストアップする「ロングリスト」を作成します。さらに、戦略に整合するよう絞り込んで選定する「ショートリスト」を作成します。

Step.2
オリジネーション
アプローチ
ショートリストで選定した会社に対して、提案アプローチを行います。
Step.3
マッチング
NDA提携/マッチング
提案アプローチに関心を持った会社があれば、マッチングとなります。売り手と買い手で秘密保持契約を締結します。
Step.4
エグゼキューション
資料検討・分析/トップ面談/交渉/意向表明・基本合意/デューデリジェンス/条件調整/クロージング

マッチング後の具体的な交渉のフェーズです。

売り手から資料を受領し、不明な点は売り手に確認するなど初期的な検討を行います。更に検討を進め場合は、トップ面談へと進みます。

その後は意向表明や基本合意、デューデリジェンスを経てクロージングに至ります。
Step.5
オリジネーション
ポストディール

M&A成立し、経営統合フェーズです。「M&Aの成功」は「PMIの成功」とも言われる重要なフェーズとなります。戦略目標を達成できるように両社で協力しシナジーの実現に努めます。むしろ、ここからがM&Aにおける本当のスタートラインといっても過言ではありません。

Step.2
オリジネーション
アプローチ
ショートリストで選定した会社に対して、提案アプローチを行います。
M&Aリスト作成・アプローチ代行

M&Aリスト作成・提案代行料金

金額
150,000
円~
※ご依頼内容によって変わります。

特徴比較表

本サービスはロングリスト作成以降のフェーズに絞ることで、費用対効果の最大化を企図しています。
ティールバンク
A社
M&Aの戦略策定
×
リスト作成
アプローチ
M&A仲介業務
ディールマネジメント
×
必要があれば紹介可能
成功報酬型の手数料がメイン
成約手数料
無料
数百万円~

具体的な進め方やスケジュールなどの詳細は、お打ち合わせにてご提案いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
・本サービスは買収候補先の選定支援、提案(アプローチ代行)のサービスであり、必ずしも買収候補先から連絡が来ることを保証するものではありません。
・サービス提供は予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。