このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

M&A(エムアンドエー)とは

Merger(合併)and Acquisitions(買収)の略です。企業の合併、買収を意味します。

一般的なM&Aの進め方(買い手側の流れ)

Step.1
プレディール
戦略策定/ロングリスト作成/ショートリスト作成

まず、M&Aを検討する前に、自社の経営戦略の策定を行います。

M&A戦略は経営戦略に符号するものになります。M&A戦略策定を行ったあとは、M&Aを検討している買い手候補・売り手候補先を一定の基準でリストアップする「ロングリスト」を作成します。さらに、戦略に整合するよう絞り込んで選定する「ショートリスト」を作成します。

Step.2
オリジネーション
アプローチ
ショートリストで選定した会社に対して、提案アプローチを行います。
Step.3
マッチング
NDA提携/マッチング
提案アプローチに関心を持った会社があれば、マッチングとなります。売り手と買い手で秘密保持契約を締結します。
Step.4
エグゼキューション
資料検討・分析/トップ面談/交渉/意向表明・基本合意/デューデリジェンス/条件調整/クロージング

マッチング後の具体的な交渉のフェーズです。

売り手から資料を受領し、不明な点は売り手に確認するなど初期的な検討を行います。更に検討を進め場合は、トップ面談へと進みます。

その後は意向表明や基本合意、デューデリジェンスを経てクロージングに至ります。
Step.5
ポストディール
ポストディール

M&A成立し、経営統合フェーズです。「M&Aの成功」は「PMIの成功」とも言われる重要なフェーズとなります。戦略目標を達成できるように両社で協力しシナジーの実現に努めます。むしろ、ここからがM&Aにおける本当のスタートラインといっても過言ではありません。

Step.2
オリジネーション
アプローチ
ショートリストで選定した会社に対して、提案アプローチを行います。