M&A推進室

中小企業のM&A専門業務を丸ごと支援​

M&A推進室とは

貴社の「M&A戦略の構築から実現」を貴社の “社長室・経営戦略室”の代わりに支援します。
M&Aの知識がない方でも簡単に始められ、M&A買収や外部連携プロジェクトがスタートできます。

M&Aの検討をする際こんなお悩みはありませんか

自社がM&Aに向いているか、活用できるのか知りたい

M&Aや事業承継という単語はよく聞くが、実際にどういうものなのか、自社でも活用できるものなのかがわからない。近くに経験者もおらず、相談できる人もいない。

どの案件を買っていいのかわからない

M&Aを通じた事業拡大に興味があるものの、自社でどういった案件を検討すべきか、何の案件を買うべきかがぼんやりとしてしまっている。

関心はあるが、M&Aを進められる担当者がいない

経営者以外にM&Aを任せられるものがおらず、忙しい中でなかなかM&Aプロジェクトを推進できない。とはいえ、専任での採用を進めるほどではない。

興味はあるが、いい案件に出会えない

買いたい案件は決まっているが、仲介会社からの紹介やプラットフォームで見つける案件がなかなか自社の要望に合う会社がない。

ここ数年で、M&Aプラットフォームの登場や仲介手数料が安価なM&A仲介会社など、中堅中小企業のM&AにおけるM&A案件探しの“選択肢”は増えています。しかし、具体的なアクションが行えず、”そのうち買いたい”ループにはまってしまってしまう方も多いのが現状です。
買い手向け戦略やターゲット整理のサービスは、従来、大手企業向けに行提供されてきたため、中堅中小企業の場合、M&A経験者が社内にいなかったり(募集しても集まらない・コストが高い)、外部委託をするにもコストをかけられないことが一般的で、ループから抜け出すために課題に対応したくてもなかなか先に進めないことが多いのではないでしょうか。

M&A推進室は、「何かいい会社があれば買いたい」から
わかる・探せる・買える」状態へナビゲートします。

本サービスのスコープ

自社でのM&Aの活用法がわかる

M&Aの基礎知識や現状のM&Aマーケットの情報を月1回のご面談でご提供。自社でM&Aを活用すべきか、活用するならどう使うかを把握いただくことができます。

戦略に基づいて買うべき案件がわかる

M&A戦略、アライアンス戦略の策定ご支援いたします。自社のグランドデザインから、買うべきターゲットがわかるようになります。

アプローチ型を含む幅広いソースで案件発掘

仲介会社、プラットフォームだけでなく、案件募集ページの作成や、アプローチ型の案件発掘もご提供しますので、より多くの案件情報にタッチすることが可能です。

経験豊富な担当者によるプロジェクトを明日から

専任スタッフを採用するより安価に、経験豊富なスタッフによるオープンイノベーション・M&Aの取り組みを明日から開始できます。

経験豊富な担当者によるプロジェクトを明日から

専任スタッフを採用するより安価に、経験豊富なスタッフによるオープンイノベーション・M&Aの取り組みを明日から開始できます。

各フェーズでの支援内容例

戦略作成・ニーズ整理 フェーズ

  • M&A戦略策定
  • アライアンス戦略策定
  • ターゲット企業選定
  • 買いニーズ整理
相手先探し・案件発掘 フェーズ
  • プル型(募集型)案件発掘
    - 仲介会社・アドバイザリー会社との連携・情報交換
    - M&A案件募集サイト作成

  • M&Aプラットフォーム活用支援
    - M&Aプラットフォーム利活用支援
    - プラットフォームでの案件探索

  • アプローチ型案件発掘
    - ターゲット候補企業のリストアップ
    - ソーシング

マッチング・交渉フェーズ
  • 仲介会社・売り主とのやり取り
  • 初回面談対応
  • M&Aアドバイザー選定支援
  • セカンドオピニオン
相手先探し・案件発掘 フェーズ
  • プル型(募集型)案件発掘
    - 仲介会社・アドバイザリー会社との連携・情報交換
    - M&A案件募集サイト作成

  • M&Aプラットフォーム活用支援
    - M&Aプラットフォーム利活用支援
    - プラットフォームでの案件探索

  • アプローチ型案件発掘
    - ターゲット候補企業のリストアップ
    - ソーシング

選ばれる理由

導入ハードルが低く導入しやすい

月5万円からのリーズブルな料金体系でライトにスタート。専任スタッフの採用コスト・時間にとらわれずに利用開始できます。

豊富な知見に基づく、きめ細やかなコンサルティング

M&Aの相手探しまでに特化し、このプロセスに高い専門性を持っています。毎月の面談で、きめ細かいモニタリング・進捗管理を行います。

多様なアプローチで案件発掘が可能

プル型(募集型)やプラットフォームの活用に加えてアプローチ型の案件発掘を実施します。M&A以外にも戦略的アライアンスにも活用可能です。

マッチング後の柔軟性が高い

マッチング後の担当専門家選択の高い自由度があります。(アライアンスなら専門家の必要はありません)
マッチング後も安心して進められる、厳選された専門家を紹介しています。

多様なアプローチで案件発掘が可能

プル型(募集型)やプラットフォームの活用に加えてアプローチ型の案件発掘を実施します。M&A以外にも戦略的アライアンスにも活用可能です。

M&A推進室なら、コストを抑えてM&Aに取り組めます

アプローチ型のソーシングを行う上でのスキルは多岐にわたります。

  • M&Aに関する基礎知識・経験
  • 財務及び税務等の専門知識
  • 業界に対する調査力、分析力
  • 電話営業力
  • 提案資料作成能力
  • 交渉力、対オーナー折衝能力 ・・・等々
  • 財務及び税務等の専門知識

専任スタッフを内部採用・育成をする場合…

固定費(人件費) 約800万円の先行投資が必要

さらに自社で育成するなら、最低半年~の時間がかります。
そうして採用や育成にコストをかけても、満足な人材が確保し続けられないリスクは常にあります。

「新規事業をスタートしたい」「経営の多角化を目指したい」 「商品やサービスの幅を広げたい」「営業エリアを拡大したい」など、様々な事業展開ニーズがあるものの、自社で0からM&A戦略・オープンイノベーション戦略を実現するにはコストがかかります。M&A推進室ならコストを抑えてM&Aに取り組めます。

料金表

進め方やスケジュールなどの詳細は、お打ち合わせにてご提案いたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
・本サービスはM&A候補先へのアプローチを代行するサービスであり、必ずしもM&A候補先から連絡が来ることを保証するものではありません。
・サービス提供は予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。
独自分析”M&A案件化確率の高い企業リスト”
を無料公開中!
二松学舎大学 小久保欣哉准教授監修のデータ分析に基づき、個社ごとのM&A打診適性度を数値化したデータを無料で公開中!※期間限定
詳細は以下のページよりご確認いただけます。